YOHJI YAMAMOTO.Inc
MENU CLOSE MENU BRANDS / COLLECTION CLOSE BRANDS / COLLECTION

PROJECTS

VIRTUAL Y’s INSTALLATION

VIRTUAL Y’s INSTALLATION VIRTUAL Y’s INSTALLATION
ON VIEW・OCTOBER 23-NOVEMBER 8, 2020

ROWLAND KIRISHIMA
ART PROJECT
VIRTUAL Y’s INSTALLATION

WITH Panasonic FASHION STEAMER

VIRTUAL INSTALLATION
EVENT

VENUE Y’s表参道
東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ1F/B1F
Tel 03-6455-4302

GIFT
Y’sタグ・キーホルダー 限定色ブルー

ヴァーチャルブティックに埋め込まれたサインや暗号をTwitterやFacebookにポスト、または期間中にY’s OMOTESANDO公式LINEを[友だち追加]すると送られるVIRTUAL Y’s INSTALLATIONのイメージ画像を保存してInstagramにポスト。10/23-11/8の期間中にY’s表参道へご来店いただき、ストアスタッフへポスト画面をご提示いただくと、限定色ブルーのY’sタグ・キーホルダーをギフトとしてお贈りいたします。

YBAR

ヴァーチャルブティックに隠された<YBARスクリーン>を見つけて下さい。Y’s表参道と、オンラインブティックで、期間中、税込11,000円以上お買上げの際にYBARポイントをプレゼント致します。詳細は、ヴァーチャルブティックに隠された<YBAR画面>をクリックするとご覧いただけます。

EXPERIENCE

パナソニック衣類スチーマーデモンストレーション
10月23日(金)-11月8日(日)の期間中、Y’s表参道にパナソニック衣類スチーマーを設置。また、10月の週末と、11月3日(火・祝)にデモンストレーションを行います。

パナソニック衣類スチーマーを使ったY’sの服のケアを、現在、Y’sストアでも使用中のパナソニック衣類スチーマーを使うことで、体験いただけます。

デモンストレーション
10月23日金曜日 14:00-20:00
10月24日土曜日 11:00-17:00
10月30日土曜日 11:00-17:00
11月3日火曜日(祝日) 11:00-17:00


VENUE Y’s表参道
東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ1F/B1F
Tel 03-6455-4302

ON VIEW・OCTOBER 23-NOVEMBER 8, 2020

ヴァーチャルブティックでY’sの創作の世界観を体験するアートプロジェクト

フォトグラファー桐島ローランドによる、Y’sの服づくりがインスピレーション源になった、ヴァーチャルアートインスタレーション。

オンラインに設えられたY’s表参道をバーチャルウォークスルーで回遊しながら、ヴァーチャルストアに埋め込まれたキーアイテムや、スペースの箇所をクリックすると、様々なアクションが起こります。特別に制作されたデジタルフィルムの放映、Y’s表参道だけで見ることができるFLIP-DOTSの映像表現、最新コレクションをクリックしそのままショッピングをお楽しみいただく – 桐島ローランド率いるCyberHuman Productionsが制作するCGコンテンツによるデジタルアートを介したヴァーチャルエクスペリエンスを体験いただけます。

ROWLAND KIRISHIMA
ART PROJECT
VIRTUAL Y’s INSTALLATION
WITH Panasonic FASHION STEAMER
AT Y’s OMOTESANDO VIRTUAL
10月23日(金)-11月8日(日)

View for the future - フィルムカメラ全盛の時代に、当時最新のしかしまだ発展途上の装置だったデジタルカメラを持ち、20数年写真で表現していく中で、次第に目の前にあるオブジェクトを二次元に押し込めるのではなく「そのまま再現する」写真を使って3DCGデータを作る技術「フォトグラメトリー」を取り入れた作品表現で、活動領域を広げている桐島ローランド。写真というクラシックな表現を基礎に、常にその時代の先端をとらまえ前を向く桐島の表現と、手でつくることを大切にし普遍的なもののあり方を見つめながら常に新しさを服に組み入れ少し先の未来に視線を向けた服づくりをしてきたY’sの表現。デジタルとアナログという相容れない世界観の実験的な融合が、また新しいクリエイションを紡ぎ出していきます。

Y’sの服づくりやフィロソフィーと共鳴したパナソニック衣類スチーマーとのコラボレーションにより、本プロジェクトが実現しました。
桐島氏とY’s、パナソニックによる、デジタルアプローチによる表現を体験ください。

ヴァーチャルインスタレーションの期間中、Y’s表参道では「VIRTUAL Y’s INSTALLATION」とリンクしたギフトや体験をご用意し、お客様をお迎えします。

ギフト

Y’sタグ・キーホルダー 限定色ブルーをプレゼント
ヴァーチャルブティックに埋め込まれたサインや暗号をTwitterやFacebookにポスト、または期間中にY’s OMOTESANDO公式LINEを[友だち追加]すると送られるVIRTUAL Y’s INSTALLATIONのイメージ画像を保存してInstagramにポスト。10/23-11/8の期間中にY’s表参道へご来店いただき、ストアスタッフへポスト画面をご提示いただくと、限定色ブルーのY’sタグ・キーホルダーをギフトとしてお贈りいたします。

YBARプレゼント

ヴァーチャルブティックを隅々まで楽しんでいただきながら、隠された<YBARスクリーン>を見つけて下さい。Y’s表参道と、オンラインブティックで、期間中、税込11,000円以上お買上げの際にYBARポイントをプレゼント致します。詳細は、ヴァーチャルブティックに隠された<YBARスクリーン>をクリックするとご覧いただけます。

体験

パナソニック衣類スチーマーデモンストレーション
10月23日(金)-11月8日(日)の期間中、Y’s表参道にパナソニック衣類スチーマーを設置。また、10月の週末と、11月3日(火・祝)にデモンストレーションを行います。パナソニック衣類スチーマーを使ったY'sの服のケアを、現在、Y'sストアでも使用中のパナソニック衣類スチーマーを使うことで、体験いただけます。
デモンストレーション日程: 10月23日(金) 14:00-20:00、10月24日(土)・31日(土)・11月3日(火・祝) 11:00-17:00

VENUE Y's表参道
東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ1F/B1F
Tel 03-6455-4302

VIRTUAL Y’s INSTALLATIONのクリエイティブ

桐島ローランド氏とY'sは、現在「WOMEN'S EMPOWERMENT Autonomy / Heteronomy」を通じ、Y'sの背景にあるアイデンティティーともいえる女性支援の哲学をアートビジュアルとして表現するプロジェクトを進行中です。「VIRTUAL Y's INSTALLATION」は、桐島氏がY'sのために表現するクリエイティブの世界観を、氏が率いるCyberHuman Productionsと共にヴァーチャル空間として拡げた試みです。オンライン上に立ち上がるY's表参道のヴァーチャルブティックの中では、「Y'sの服づくり」そのものがインスピレーション源になったアートワークとしてのヴァーチャル・リアリティ(VR)をご覧いただくことが出来ます。VRでは、桐島氏とCyberHuman Productionsによる3DCGや、Photogrammetry技術を活用し展開させたハイクオリティーなデジタル表現が繰り広げられ、Y’sのドレスは細密に生地の質感や動きが再現され、VR世界の中で鮮やかに息を吹き込まれています。

ヴァーチャルブティックのエントランスから地下に降り、浮遊を表現するストアファニチャーに置かれたVRゴーグルをクリックすると、桐島氏とCyberHuman Productionsにより制作されたVRから特別にキャプチャーされたショートムービーをご覧いただくことが出来ます。創作の舞台裏のような風景から、日が沈み、ボディ(マネキン)が伸びやかに動きはじめるストーリーは、「WOMEN'S EMPOWERMENT Autonomy / Heteronomy」で提唱する、その人らしい種々の「在り方」を象徴する物語です。ヘッドマウントディスプレイをお持ちの場合、期間中、VRをご自宅で無料でお楽しみいただく事ができます。詳細は、ヴァーチャルブティックでご覧下さい。

WITH Panasonic Fashion Steamer - 「VIRTUAL Y's INSTALLATION」のVR作品は、パナソニック衣類スチーマーでY'sのドレスにスチームをかけるところからストーリーが始まります。手軽なホームケア用品でありながら、クリエイティブの隣にあるパナソニック衣類スチーマー。プロフェッショナルの現場にも自然と馴染む小型で軽量の佇まい、更新される機能性と、高い操作性が描く滑らかで無駄のない動きが芸術表現としてヴァーチャルアートに取り込まれています。美しい所作はパナソニック衣類スチーマーの機能がつくる、日本らしい美の表現。ヘッドをどこまで傾けても安定したスチーム噴射で、長い衣類も屈まずに、無理な体勢をとらずに綺麗で楽な姿勢でかけることができ、たっぷりあるスチーム量は見た目にも気持ちよく、高性能な小道具が、デジタル上の人の動きを綺麗に演出する鍵となっています。美しい服に欠かせない衣類スチーマーが、表現の中でも際立ち、自然と目に留まります。

Creative Team

ROWLAND KIRISHIMA

CyberHuman Productions